• ビットクラブマイニングプール
  • ビットクラブでは、上の画像の他にイーサムリア、zキュシュ、イーサクラッシック、モネロなど、アルトコインもマイニングもやっております。毎日マイニング配当があり、ビットコインに関しては、複利で雪だるま式に増える仕組みが構築されています。
  • ビットクラブ副収入
  • ビットクラブの一番の魅力は、得られる収益が分散されているという点です。 ビットクラブで得られる収益は、大きく分けて7つあります。 マイニングにより得られる収益 他の通貨のマイニングにより得られる収益 コインペイという両替所の代理店として得られる収益 ビットクラブ会員を増やしていくことで得られる収益 ビットコインが通貨として価値が上がることで得られる収益 ビットコインによる報酬は、現時点では非課税 ビットコインとコインペイの普及率の上昇により得られる収益 現時点では、ビットコインは普及しているとは言えませんが、 仮想通貨を取り巻く環境が少しずつ変化しつつあり、注目されてきています。 今後、ビットコインの価値があがる可能性は十分にあります。 今の段階で、ビットコインをマイニングによって手にしておくこと、 そして、ビットコインが普及する前にコインペイなどの決済システムの 権利を得ておくことには大きな意味があります。 ⇒ 詳しくはこちら 「ビットクラブの7つの魅力~分散収益の仕組み~」 BitClub Networkの仕組み ビットクラブネットワーク(BitClub Network)の仕組み ビットクラブのアカウントは無料で作成することができます。 その後、登録料として$99を支払うことで、ビットクラブ会員となります。 次に、マイニングプールを購入します。 これは、マイニングをするコンピューターの一部をレンタルするイメージです。 マイニングプールを購入すると、マイニングによって生み出される ビットコインの分配がはじまり、1000日間、支払いが毎日行われます。 支払いは、一部はコミッションとして、一部はさらにマイニングプールを 購入する費用にあてられます。 再購入したマイニングプールから得られる報酬はさらに1000日間の支払いを 生み出すため、半永久的にコミッションが支払われる仕組みとなっているのです。 プランはそれぞれ、$500、$1000、$2,000、$3,500と分かれており、 プランにより、コミッションと再購入にあてられる割合が異なります。 さらに、新しいメンバーを紹介していくことで、 ボーナスとしてコミッションを受け取ることができます。 自分が紹介したメンバーは、自分より下位のレベルに登録されていき、 登録されるメンバーが増えるにつれてコミッションも大きくなっていきます。 紹介していくメンバーの数により、マイナー、ビルダー、プロビルダー、 マスタービルダー、モンスタービルダーとランクが上がっていきます。

ビットクラブ目玉コインペイ。

コインペイとは、ビットコイン決済の事で、ビットクラブ会員は、コインペイ代理店を出来る権利を有します。簡単に説明すると、ビットコイン決済を店舗に導入して頂けると貴方にビットコインが永久に、入ってくる権利収入です。もし自販機が無い時代に、自販機を設置でき、売り上げの数%が貴方に入るならビッグチャンスですよね?例えば携帯電話が無い時代に、携帯電話販売して、毎月数%が貴方に入るならビッグチャンスですよね?ビットコインも10年後携帯や自販機、ネット回線並になっていたら、貴方にビットクラブは、ビジネスチャンスを与えてくれていますよ。マイニングはオマケみたいな物ですよ。初めて見ませんか?ビットクラブ!!

  • ビットコイン2033年問題
  • ビットコインが2033年頃には99%出回り100%に到達後はマイニングされなくなる。100%後送金トランザクション手数料でブロックチェーンが保たれる事になる。

ビットコイン、ライトコイン、ドージコイン無料。

こちらの真ん中に受け取り用ウォレットアドレスを入れるだけで、ガンガン貯まります。

こんなにガンガン貯まる。

五分で6000ライトサトシ。ばり早。

受け取り方は。

五分経てばいつでも受け取り出来ますclaimnowをクリックで。受け取り完了です。で、送金できる量が貯まると日曜日に勝手にウォレットに入金されます。日曜日を給料日にしませんか?更に友達を紹介すると、紹介ボーナスで、お友達が稼いだサトシの数パーセントが手に入る。(お友達のサトシが減る事は無いよ)しかも永遠に。早く多く紹介したらお金持ちだよ。

ビットコイン(BTC)仕組み

ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーン[注釈 1]と呼ばれる台帳に記録される。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。

支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、ブロックチェーンの更新を要求する[33]。

全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されている。

ネットワーク参加者達は採掘者として知られ、取引手数料や造幣収益を得ている[34]。

参加者達は、パソコン、モバイル端末、あるいはウェブ・アプリケーション上のウォレット(財布)ソフトウェアを使ってビットコインの受け渡しを行う。

取引の確認手続きとマイニング 編集
送金者は、金額や受取人などの取引情報[注釈 2]を、ネットワークを構成するマイナー[注釈 3](採掘者)と呼ばれるノードにブロードキャストする。マイナーは、受け取った取引情報をブロックという形でまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加する。ただし、新しいブロックを記録するためには計算量の大きな問題を解く必要がある。マイナーたちは競ってその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが一定額の報酬を得ることができる。二重支払いなどの不整合性は、ブロックをブロックチェーンに記録する際に他のノードによってチェックされる。

問題は10分ほどで解けるように難易度が調整されており、送金者は、取引の整合性がマイナーたちによって確認され、ブロックチェーンに記録されるまで同程度の時間を待たねばならない。

流通するすべての ビットコイン通貨は、このようにマイナーへの報酬という形で市場に供給される。

アルタコインを無料で手に入れるには。

先ずはウォレットのアドレスを入れるだけ。
1分につき約 0.00000015 ビットコインが貯まっていき,5分経過すればいつでもそれを受け取ることができます.
長時間放置すれば受け取れるビットコインの量は多くなりますが,時間が経過するほど単位時間あたりに貯まるビットコインの数が減少してしまいます.
登録はビットコインアドレスのみで可能です.
手に入れたビットコインが 0.000055 ビットコインを超えると,毎週日曜日に自動的に支払われます.
ライトコインや、ドージコインも同じ仕組みです。

ビットコイン(BTC)歴史

2008年 - 「中本哲史」の名前で発表された論文で初めて紹介された[35]。
2009年 - Bitcoin-Qtビットコイン・キューティーという最初のオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、最初のビットコインが発行された[36][37]。
2009年 - 運用が開始される[11]。
2009年 - Bitcoin-Qtにある一つの機能が実装され、大量のビットコインが鋳造された。これは、ビットコインの取引と採掘を実施できるソフトウェアが Bitcoin-Qt しか存在しなかったためである。この機能は、採掘に特化したソフトウェアのほうがより効率が良いと判明したため、その後[いつ?]削除された。それ以降[いつから?]、ビットコインのオープンソースソフトウェアは、中核的な開発者と他の協力者のグループによりメンテナンスされ、拡張されている。
2009年5月 - 中本哲史[8][9]を名乗る人物によって論文が投稿される[10]。
2011年 - 1ビットコインの価値が約0.3米ドルから32米ドルまで急騰し、2米ドルに戻った。
2012年後半と2013年のキプロス金融危機の際には、ビットコインの価格は高騰し始め、2013年の4月10日には266米ドルのピークに達し、その後、約50米ドルまで下落した。
2013年 - 連邦捜査局 (FBI) はオンライン闇市のシルクロードを閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した[38]。
2013年3月 - 技術的欠陥によりブロックチェーンの分岐が起こった。6時間の間、分岐した2つのビットコインネットワークは同時に運用され、各々が固有の取引履歴を持つことになった。激しい売り攻勢に直面し、中心的な開発者たち[誰?]は取引の一時的な停止を呼びかけた。ネットワークの大部分が、欠陥のあるバージョン0.8からバージョン0.7のビットコインソフトウェアにダウングレードされることにより、正常状態に復帰した[いつ?]。
2013年5月 - ビットコイン取引所のマウントゴックスに帰属する資産が米国の国土安全保障省により押収され、薬品売買を行うSilk Roadシルク・ロードのウェブサイトがFBIにより閉鎖された[要出典]。
2013年10月 - 中国のIT大手バイドゥは、自社のウェブサイトセキュリティサービスの利用者にビットコインによる決済ができるようにした。ビットコインのATMは、2013年の10月にカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで初めて導入された。
2013年11月 - 採用する意向を示すブリック・アンド・モルタル企業は1000社に留まり[39]、オンライン企業2万社と対照的である[40]。中国を拠点とするビットコイン取引所のBTC Chinaビーティーシー・チャイナは、日本を拠点とするマウントゴックスと欧州を拠点とするBitstampを追い抜き、取引量において世界最大のビットコイン取引所となった。
2013年11月19日 - 米国上院委員会の公聴会において、仮想通貨は合法的な金融サービスであるとされ、マウントゴックスのビットコインの価値は900米ドルのピークに達した。同日、あるビットコインが中国で6780人民元(1,100米ドル)で売買された。
2013年11月 - ビットコインはおよそ1,200万個存在しており、時価総額は少なくとも72億米ドルまでに達した。
2013年11月23日 - ビットコインの時価総額は初めて100億米ドルを超えた。
2013年12月5日 - 中国人民銀行は、中国の金融機関がビットコインを使用することを禁止した[要出典]。発表ののち、ビットコインの価値は下落し、バイドゥは特定のサービスについてはビットコインの受け入れを取りやめた[要出典]。中国では2009年以降、実世界の商品を仮想通貨で購入するのは違法となった。[要出典]
2014年1月 - ビットコインを使ったマネーロンダリングの容疑で2人の男が逮捕された[要出典]。BitInstant取引所の所長とビットコイン財団の副会長を務めるCharlie ShremとRobert Faiellaである。ShremはFaiellaに大量のビットコインを購入させ、それを使って闇市場サイトで非合法ドラッグを買わせた疑いが持たれている[誰によって?]。
2014年2月 - 最大級のビットコイン取引所のひとつであるマウントゴックスは、「トランザクション展性」という脆弱性に関する技術的問題を理由にして、ビットコインの引き出しを一時的に停止した[要出典]。同社がシステムの修正を進める中、一週間後にビットコインの価格は2月1日の800米ドルから400米ドルまで下落した。
2014年2月24日 - マウントゴックスのウェブサイトはネットワークから切り離され、全ての取引が停止された。決済プログラムの欠陥により、数年間にわたって計3億5000万米ドル相当のビットコインが盗難の被害に遭ったとの報告が行われた最中の出来事だった[要出典]。
2014年2月26日 - 大手取引所のマウントゴックスが全ての取引を停止した[41]。
2014年2月26日未明 - 大手取引所のマウントゴックス[注釈 6][注釈 7]が全ての取引を停止し[41]、「取引所のサイトと顧客を守るため、全ての取引を一時的に中断することを決めた」とした[42]。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、25日、ニューヨーク南連邦地方検事局が捜査に着手し、マウントゴックスに召喚状を送り、書類の保全などを命じた[43]。28日、会社は東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、受理された[44]。 会社は被害額が85万ビットコイン(114億円相当)および現金28億円としている。(480億円相当が正しい[45]。) グローコムの楠正憲客員研究員によれば、本来発行された取引IDを顧客が改ざんすることができ、もとのIDに問い合わせても取引IDがないため何回でも取引を要求できるという[46](トランザクション・ミュータビリティーといい、2011年に指摘済みだったがマウントゴックスは放置し、何回でも再送金したという)[要出典]。「ネットエージェント」の杉浦隆幸代表によれば、秘密鍵を管理する『財布』のパスワードを盗みとることができれば、大量の不正引き出しも可能だとする[46]。詳細は「マウントゴックス」を参照
2014年6月13日 - 米オンライン旅行最大手エクスペディアがホテル予約でビットコイン利用を開始。[47]
2014年7月18日 - デルが公式ホームページを通じた自社製品の販売で、ビットコインによる支払いの受け付けを開始。[48]
2014年8月 - アメリカの楽天スーパーロジスティクスがビットコイン決済の取扱を開始。[49]
2014年9月末時点 - 投資額は330億円以上。[50]
2015年12月18日時点 - ビットコインの時価総額は約8400億円[51]。
2015年1月26日 - 大手取引所Coinbaseコインベースが、アメリカ24州の認可を受けたビットコイン取引所「Coinbase Exchangeコインベース・エクスチェンジ」をオープン。[52]
2015年10月22日 - 欧州司法裁判所はビットコインの売買は欧州付加価値税(英語版)の適用は除外されると判決を下した[53]。
電子フロンティア財団といった非営利団体など、メインストリームのサービスは、決済の方法としてビットコインを受け入れ始めた[いつ?]。

ビットコインの価格は、流通開始当初から激しく変動し、さまざまなパターンの高騰と下落を経験した[いつ?]。

米国のビットコイン取引所は、通貨サービス事業を規制されて以来[いつから?]、マネーロンダリングが疑われる活動を報告するよう義務付けられている。

ビットコイン(BTC)単位

ビットコインの通貨単位は「bitcoinビットコイン」である。2014年現在、ビットコインを表わす記号には BTC、XBT、BitcoinSign.svg がある[27]:2。補助単位としては、「mBTCミリ・ビットコイン」、「µBTCマイクロ・ビットコイン」、「satoshiサトシ」が存在する。サトシはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコインにあたる[28]。マイクロビットコインは100万分の1ビットコインで、単にビットと呼ばれることもある。

2014年10月7日に、ビットコイン財団は、ビットコイン用のISO 4217通貨コードを申し込む計画を明らかにし[29]、BTC または XBT が主候補であるとした[30]。

2015年に、ビットコインの記号「BitcoinSign.svg」をUnicodeユニコード(U+20BF)に追加することが認められた[31][32]。

ビットコイン(BTC)概要

ビットコインは中本哲史なかもとさとし[8][9]を名乗る人物によって投稿された論文[10]に基づき、2009年に運用が開始された[11]。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転。取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン(BTC)が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

ビットコインを商品やサービスの対価として受け容れる企業の数は、2015年2月に10万社を超えた。クレジットカード会社は通常2-3%の手数料を課すが、ビットコインでは多くの場合、企業は0%以上2%以下のトランザクション手数料を支払う。ビットコインを受け容れる企業の数が2014年に4倍に増加したにもかかわらず、暗号通貨は小売業界ではあまり普及していない。欧州銀行監督局(EBA)およびその他の情報提供元は、ビットコインユーザが返金を要求する権利やチャージバックにより保護されているとは言えないと警告している。犯罪者によるビットコインの利用は金融規制当局・立法機関・法執行機関・メディアの注意を惹きつけている。米国をはじめとする国々の当局者たちはビットコインを合法的な金融サービスを提供できるものと認識しているものの、闇ネット市場や盗難を中心として犯罪活動が行われている。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システム(英語版)が用いられている。

ビットコインは、採掘、もしくは商品・サービス・他の通貨との交換、また寄付を受けることにより入手できる。

中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。

価値下落を防ぐ努力をするような中央組織は存在しないというリスクがある一方で、使用者の意図に反して価値をコントロールすることもできない。 [12]

中国では金融機関における取引での使用が禁じられ[13]、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している[14]。

ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの[15]、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる[16]。

現在[いつ?]の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている[17]。

一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる[18]。

ビットコインはクレジットカードの手数料よりさらに安価な決済コストを実現でき、かつ土日祝祭日に左右されない。また、売り手買い手双方ともに、個人情報やカード番号など、外部に漏れたら問題になるような情報の入力も必要ない。そのためeコマースの決済手段として着実に地歩を固めている。[19]

著名な営利法人での採用例としてはOkCupidオーケーキューピッド、redditレディット、WordPressワードプレス、ヴァージン・ギャラクティックが[20]、特定非営利活動法人やアドボカシー団体ではフリーソフトウェア財団[21]、WordPress[22]、Torトーア[23]、電子フロンティア財団[24] (EFF)、ウィキメディア財団[25] などが挙げられる。

UFJコイン

UFJ銀行が仮想通貨発行。ビットコインを脅かす存在になるかも。

powered by crayon(クレヨン)